栄養

ビタミンCは筋肉におすすめ?筋トレとビタミンCの関係!

ビタミンC

どうも。ささかまです!

今回の記事は前回のお話に少し似たお話です。

前回紹介したビタミンと代謝の関係から見た筋肥大の効果について行いました!

今回はそのビタミンと筋肉の関係第2弾です。

それはみなさんもビタミンといったら思い浮かぶビタミンCです。

このビタミンCというのは様々な商品に多く含まれていて、健康に良いと言われていますね!

では今回はそのビタミンCについて、一般人向けの情報は蔓延していると思います。

しかし、トレーニングをしている人に関してはビタミンCがどのように有効ということがわからない人がいると思います!

今回はそのトレーニングをしている人向けにビタミンCについてまとめました。

この記事の内容

  • ビタミンCについて
  • ビタミンCと筋肉の関係は?

ビタミンCの効果は?

ではまず簡単にビタミンCについて紹介します!

ビタミンCは水溶性ビタミンと呼ばれるビタミンで、水と取ることによって吸収が促進されます。

この水溶性ビタミンの特徴は身体に貯蔵するのがあまりできず、代謝と合わさって体外に流れてしまうので、水溶性ビタミンは小分けにして取ることが推奨されています。

また、このような水溶性ビタミンは水に溶けやすいことからサプリなどにも簡単に利用することができると言われています。

ビタミンCは一般的にコラーゲンの生成に関与していると言われています。

このコラーゲンというのはタンパク質の一種で骨や腱のケアに重要な働きをしています。

コラーゲンの不足により、骨や腱などの損傷を起こしてしまったり、髪や肌が荒れてしまったりする可能性があると言われています。

筋トレとビタミンCの関係について

ではビタミンCと筋トレの関係について考えていきたいと思います。

先ほどのコラーゲンとの関与ではあまり筋肉に対する効果が見込めないことがわかりますね。

しかし、ビタミンCには筋トレに有効とされる効果があります!

  • 免疫力をあげることができる
  • 集中力を高めることができる

免疫力をあげることができる

ビタミンCには免疫力を守るという効果があるとされています。

トレーニングにおいて体力がなくなり、免疫力が落ちると言われています。

この原因は免疫細胞である、マクロファージ、リンパ球の働いています。

この二つの免疫細胞のエネルギーはグルタミンと呼ばれるアミノ酸で、トレーニングによって使われてしまうため、働きが落ちてしまいます。

このビタミンCはこのマクロファージやリンパ球の活動を活発にする役割があるので、結果的に免疫力の向上に繋がります。

そのため、グルタミンと併用することで、風邪をひきにくい身体にすることができます。

集中力を高めることができる

ビタミンCはアドレナリンなどの交感神経を活性化させる作用があると言われています。

このビタミンCはアドレナリンの生成に関わっていて、ビタミンCがエネルギーとして使われています。

アドレナリンが増えると交感神経が優位に働き、身体が戦闘モードになります。

これにより、血流量が増えて集中力が向上することにつながると言われています。

このようなことから逆にトレーニングに集中できないという場合はビタミンCが原因の可能性もあります。

ビタミンCはサプリで摂取するのが効果的!

ビタミンCについて筋肉との関係が明らかになりました。

このビタミンCは推奨摂取量は100mgとされています。

これらは食事でとることが簡単で、ブロッコリーを食べるだけで基準値をクリアすることができます。

しかし、トレーニングを行っている人はビタミンCを様々な方法で利用されるので、なるべく多くのビタミンCを取ることが必要です。

そのため、1日の中でサプリを数回に分けて取ることによってビタミンCを維持することができます。

まとめ

みなさん、ビタミンCと筋トレの関係はわかりましたか?

このビタミンCはマルチビタミンや他のサプリに含まれていることが多いので、意識しなくても大丈夫な人もいるので、自分にあったビタミンを取ることを心がけましょう!

ABOUT ME
ささかま
筋トレの知識を学ぶことに明け暮れる新入社員。リア友にアカウントがバレるまでイケメンになることを目指している。 筋トレの知識やサプリについて調べ物をすることが好きです。 トレ歴は約7年の一応ベテランです