筋トレ

筋トレは効果が出るまでどのくらいかかるか

ささかま
ささかま
どうも。ささかまです!

筋トレを継続させると効果がでる。

効果が出ると痩せやすくなったり、太りにくい身体を作ることができるということをよく聞きます。

では一体、筋トレを始めるとどのくらいの期間で効果がわかるようになるのか?

筋トレの効果と時間について紹介していきたいと思います。

  • 筋トレの効果はどのくらいに出るのか
  • 筋トレはどのくらい続ければ良いのか

この二つに当てはまるあなたにピッタリの内容になっています。

今回は筋トレの効果が出るまでの時間について、筋トレ暦8年、100kgの増量を成功させ、80kgの減量を成功させた私の経験を踏まえて紹介していきたいと思います。

筋トレの効果が出るまでにどのくらいかかるのか?

では本題の筋トレの効果がでるまでどのくらいかかるのかというのを紹介していきたいと思います。

筋トレを行うことによって、速く表れる効果と長く続けると表れる効果の二種類あります。

今回はこの二つの効果について詳しく紹介していきたいと思います。

筋トレで速く表れる効果

はじめに筋トレ行うことによってすぐに表れる効果について紹介していきたと思います。

筋トレをすると表れる効果は二つ

  1. むくみが取れる
  2. 水分が抜ける

あなたは筋トレを行った次の日に痩せた!筋トレの効果があった!と思うことはありませんか?

これは確かに筋トレの効果ではありますが、痩せたということではありません。

一般的に痩せたというのはその部分の脂肪がなくなったということを表します。

筋トレを行って1日ではこの脂肪をなくすというのはほぼ不可能に近いことになります。

では、なぜ痩せたように錯覚するのか?

これは血液の流れと水分とが関係しています。

むくみはご存知ですね?

このむくみが取れることによって一時的に痩せたように感じるのです。

筋トレを行うことによって普段使わない筋肉に普段使わないような刺激を与えることになります。

そのことによって、筋肉が刺激され血液がその筋肉に多く流れ込みます。

脂肪が付き、あまり動かなくなった筋肉は血流の流れが悪くなってしまっています。

筋トレをすることによって、血流量が増し、血流がよくなることで、詰まった血管の流れが改善されその部分が痩せたように見えるのです。

また、その部位をたくさん動かしたあとには血液が下がるので、水分も少なくなるといった状態になるのも一つの要因です。

このように筋トレにはむくみをとるような働きがあります。

しかし、筋トレに対する刺激が強いと、身体が多くの栄養を筋肉に取り込もうとするので水分が多くなり、体重は増えるということがあるので、注意が必要になってきます。

筋トレを長く続けると表れる効果

次に筋トレを長く続けることによって表れる効果について紹介していきます。

筋トレを長く続けることによる効果はこの二つ

  1. パワーがつく
  2. 筋肉が太くなる

この二つになります。

筋トレを最初に行うと起こる身体の変化に筋肉の力を発揮するための制御が緩むという効果があります。

筋トレを行って筋肉に重い重さの刺激を与えることによって、脳が命を守るために普段制御していた力を出し始めます。

この神経の改善により、筋トレを始めた当初は扱える重量がどんどん上がってきます。

これは筋肉にはサボっている神経が存在していて、その神経が働き始めるということです。

パワーがつくことによって、日常生活のちょっとしたパワーが上がるので、階段の上り下り、ものを持つという動作が簡単に行えるようになり、疲れにくい身体を作ることができます。

そして、何よりあなたの注目している筋肉がつくという効果も長期的な筋トレによって効果が表れます。

あなたは筋トレの効果は3ヶ月程度で結果が出るという話を聞いたことがありますか?

巷では筋トレは3ヶ月で効果がやっと表れると言われていますが、実際に筋肉はトレーニング直後から変化が表れています。

3ヶ月で結果が出ると言われている要因は細胞の変化によるものが関係しています。

人間の細胞の一つである筋肉は90日(3ヶ月)の期間をかけて新しい細胞に生まれ変わると言われているからです。

このことによって3ヶ月に効果が出ると言われているのです。

しかし、最近の研究ではMRIなどの技術の進歩により筋肉をより繊細にみることができるようになりました。

このことから筋肉は筋トレ直後のダメージを回復するとしっかりと肥大しているということがわかったのです。

そのため、筋肉は筋トレをやり初めてから少しずつ大きくなっていき、私たちが気づく範囲で表れるのには時間がかかると言われています。

個人的には1ヶ月続けることができれば筋肉の変化に気づくことは可能ですし、1ヶ月である程度痩せることは可能です。

そのため、3ヶ月続けないといけないのか、、と落ち込まなくても1ヶ月は頑張ろう!と挑戦した方が結果がついてくるので、良いと思います。

筋トレの効果が出るまでメンタル管理は大事

とは言え筋トレの効果がでるのにはある程度時間がかかってしまいます。

そのため、継続させることができなくてやめてしまうという人もいます。

筋トレで痩せてやる!と思っていても結局効果がでないこともあります。

ここでは筋トレで効果が出るまでのメンタル管理として覚えておいた方が良いことを紹介します。

  1. 体重は気にするな
  2. 1ヶ月でも効果あり
  3. 食事制限すると早い

体重は気にするな

筋トレをやる目的の一つにダイエットがあります。

ダイエットをするために筋トレを取り入れるという人は多いです。

そのため、ゴール体重を目安に頑張るという人がほとんどだと思います。

この方法はあまりおすすめしません。

筋肉は脂肪より重い物質です。また、筋肉が増えると蓄えられる水分量も増えてきます。

筋肉をつけると脂肪を減らしていても体重は増えるのです。

このことを理解していないと体重の数字をすべて受け入れてしまうので、継続させることがむずかしくなってきます。

そのため、体重は一つの目安として測り実際は鏡での自分の姿を見ていくことが大事になってきます。

体重の変化ではなく身体の変化で、調整していくことによって、体重は増えているけど身体は変わってきている=筋肉が増えているなどモチベーションになります。

一ヶ月でも効果あり

これは先ほども紹介したように筋トレは一ヶ月行っていても効果があります。

もし身体の変化がなかくても、トレーニングを簡単にできるようになったり、息があまりきれなくなったりなどの何かしらの変化は必ずあります。

その小さな変化を気付いてあげることによってモチベーションにもなります。

90日続けるのは無理でも、30日な続けてみようと思った方がハードルが下がります。

一ヶ月は頑張って続けるようにしましょう。

食事制限をすると早い

筋肉はたんぱく質を栄養源に大きくなっていきます。

そのため、たんぱく質などをしっかりととり、脂質を抑えるといった食事制限も筋トレと並行して行うことによって早く結果がでるようになります。

早く結果がでることによって、モチベーションを維持しやすく長続きさせることができるので、食事制限とセットで筋トレを行うということもおすすめです。

筋トレとダイエットに興味がある方は筋トレとダイエットについて詳しく紹介している記事があるのでチェックしてみてください。

ささかま
ささかま
筋トレの効果を感じるのは長い道のり

ABOUT ME
ささかま
筋トレの知識を学ぶことに明け暮れる新入社員。ダイエットノウハウや筋トレ論を中心に紹介していきます。 筋トレの知識やサプリについて調べ物をすることが好きです。 トレ歴は約8年の一応ベテランです。