ダンベル種目

力こぶの筋トレ!コンセントレーションダンベルカール!

コンセントレーションカール

どうも、ささかまです!

今回はトレーニング種目の腕のトレーニングです。

その腕のトレーニングの中でも、上腕二頭筋で力こぶをつくるのにおすすめな種目のコンセントレーションカールについてです。

腕に有効なダンベルトレーニングであるコンセントレーションカールについて、動画を用いながら解説していきたいと思います!

コンセントレーションカールのやり方【動画解説】

今回、コンセントレーションカールの動画解説としてkatochanさんの動画を参考に動画内容を解説していきたいと思います。

コンセントレーションカールは上腕二頭筋の力こぶを大きくすることができる種目になります。

また、ダンベルカールやハンマーカールとは違った刺激になるという人もいるため、異なる種目として行っている人が多いです。

まずはコンセントレーションカールの基本ポジションです。

  1. ベンチ台に座り肘を固定する
  2. 足に肘を押し付けるようにし肘を支点にダンベルを上げて下げる
  3. 繰り返す

というような種目になります。

コンセントレーションカールでは片手で行うため、意識がしやすく、収縮を感じやすい種目になります。

コンセントレーションカールのポイント

ではコンセントレーションカールを行う時にどのようなポイントを意識すれば良いのか紹介します。

コンセントレーションカールは肘を固定させることができるため、ポイントが異なります。

肘の上あたりを太ももに固定する

肘を太ももに押し付けるように固定することによって、上腕二頭筋の支点となるためしっかりと収縮させることができます。

手のひら、手首、肘を同じ方向にする

腕を捻らないということです。同じ方向にすることによって上腕二頭筋に効率良く刺激を与えることができます。

手のひらは上に向けて上げるので、手首、肘の向きを合わせましょう。

ダンベルを上げすぎない

肘を固定しているため、上腕二頭筋を効率良く収縮させることができます。

そのため、だいたい90度くらいで完全に収縮することができます。

収縮できない場合は手首に力が入ってしまっている場合があります。

  1. 肘の上あたりを太ももに固定する
  2. 手のひら、手首、肘を同じ方向にする
  3. ダンベルを上げすぎない

怪我のリスクについて

コンセントレーションカールでは肘を固定することで二頭筋に効率良く刺激を入れることができます。

また、肘を固定して動作を行うことができるため、比較的怪我のリスクは少ないですが、高重量を扱う場合には注意が必要です。

肘を痛めるリスク

肘に負荷が乗りすぎると、肘を痛めてしまう可能性があります。

高重量は扱わず、しっかりとした重量設定をするようにしましょう。

手首を痛めるリスク

ダンベルが重すぎると手首に負担がかかり、怪我をしてしまう可能性があります。

そのため、しっかりと手首をたてることが大切です。

また、リストラップを巻いて行うことも良いです。

  1. 肘を痛めるリスク
  2. 手首を痛めるリスク

どのくらいの重さとセットを組めば良いか

コンセントレーションカールでは収縮感を意識するような種目になります。

そのため、あまり重い重さではなく、ある程度扱える重さを使うようにします。

また、反対の手で補助することもできます。

ダンベルとベンチ台で簡単にトレーニング

このコンセントレーションカールはダンベルとベンチ台があれば簡単にトレーニングすることができます。

今回は初心者の方でもおすすめのダンベルとベンチ台を紹介します。

ファインティングロードのダンベルとベンチ台がおすすめです!

まず、自分で重さを変えることができるダンベルと値段が安く、角度を変えることができるベンチ台でトレーニングすることができます。

ダンベル

インクラインベンチ台

よりコアなトレーニングをしたいならこの二つ!

この種目以外のトレーニングでも有効なものは可変式ダンベルと、デクラインにもできるベンチ台です。

この二つがあればトレーニングのバリエーションが何倍にもなります!

可変式のダンベルは25kg〜40kgのものがあり、簡単に重さを変えることができます。

まとめ

コンセントレーションカールの種目についてよくわかりましたか?

コンセントレーションカールは上腕二頭筋の力こぶを大きくするための種目になります。

マシンや器具がなくても肘を固定して行えるというのも良いポイントです!

ABOUT ME
ささかま
筋トレの知識を学ぶことに明け暮れる新入社員。リア友にアカウントがバレるまでイケメンになることを目指している。 筋トレの知識やサプリについて調べ物をすることが好きです。 トレ歴は約7年の一応ベテランです