筋トレを始める

【13】筋トレの種目を増やそう【トレーニングの種類を知る】

ステップ13

どうも、ささかまです。

このステップは前回、前々回のステップの最終的なトレーニング系ですね。

ステップを踏んでいくごとにトレーニングの深堀は続きますが、この三つがトレーニングの基礎となっているので、ぜひ身につけるようにしましょう!

では今回のステップでは筋トレの種目を増やすというステップです。

このステップは初級ステップで身につけたトレーニングの探究心が必要になってきます。

しかし、ステップ13まできたあなたには簡単なステップかもしれませんね!

なぜ種目を増やすの?

ではなぜ種目を増やすのかという疑問からですね。

これらは簡単に言えば負荷を増やすということになりますが、その負荷を増やすための一つの方法です。

負荷を増やすことによって筋肉が大きく成長するということはもうすでに知っていますね。

そこから、種目を増やすという理由が見えてくると思います。

大きく分けるとその理由は二つあります。

  • 筋肉に満遍なく刺激を与える
  • マンネリを防ぐ

筋肉に満遍なく刺激を与える

トレーニングには様々な種目が存在します。

ではなぜこのような多くの種目があるか考えたことがありますか?

みなさん好みの種目を選んでトレーニングするため?

違いますね。

答えはバランスよく筋肉を大きくするということを目的にしているからです。

例えば、ベンチプレスという種目しかないとします。

その種目だけやっていれば胸が大きくなります。

しかし、ベンチプレスは胸の中部の刺激が大きく上部や下部には十分な刺激を与えることができません。

するとどうなるか、胸の中部だけ大きくなってしまうので、見栄えが悪くなってしまいます。

このようなことを防ぐために、インクライン(角度を変えた)ベンチプレスなどを行い、胸の上部にも刺激を入れてあげるのです。

マンネリ化を防ぐ

これらは筋肉の性質と関係しています。

筋肉は頭が少しだけ良いです。

同じ負荷を与え続けることで、その負荷になれてしまいます。

そのため、同じ種目だけを行っているとマンネリ化して、刺激になれてしまうのです。

これらを防ぐために種目を増やします。

先ほど筋肉は頭が良いと言いましたが、少しだけです。

バーベルをダンベルに変えることや、種目ごとの順番を変えてあげるだけで刺激をマンネリ化させることを防ぐことができます。

このように種目を増やすことで、筋肥大の効果を高めることに繋がります。

また、見た目を重視するかた、必ず種目を増やしてバランスの良い筋肉をつけることが大切です。

種目はどのように増やすか

ではどのように種目を増やせば良いかということになりますね。

おそらくこのステップを順番に読んでいただいてる方ならばBIG3(ベンチプレス、デットリフト、スクワット)が基本種目になっていると思います。

そのBIG3を中心に+αで種目を考えていきましょう!

順番的には多関節種目(多くの筋肉を使用する種目)→短関節種目(一つや二つの筋肉を使用する種目)の順番になるように種目を増やしていきましょう!

はじめのBIG3のマンネリ化は重量設定を変えることで防ぎましょう!

一つ上の種目を知りたいあなたへ

では一つ上の種目を知りたいあなたに簡単なアドバイスです。

以前ステップ4で禁止していたyoutuberなど色々な人がやっているトレーニングを解禁させましょう!

今のあなたは、部位などを覚え動きなどもわかっているはずです。

色々な方が解説している種目を実際にやってみて自分に合う種目を探してみましょう!

そうすることで種目のバリエーションが増えます。

まとめ

このステップを読み終えたあなたはほとんど上級トレーニーと変わらないトレーニング方法だと思います。

これを続けることができれば必ずあなたの筋肉は大きくなるでしょう!

この三つのステップをベースにアレンジを加えていきましょう。

次のステップはサプリについてまた掘り下げていきます!

トレーニングを最初から知りたいというあなたはステップ1から

食事、睡眠を知りたいというあなたはステップ8、9へどうぞ

NEXT→ステップ14

ABOUT ME
ささかま
筋トレの知識を学ぶことに明け暮れる新入社員。リア友にアカウントがバレるまでイケメンになることを目指している。 筋トレの知識やサプリについて調べ物をすることが好きです。 トレ歴は約7年の一応ベテランです