ダイエットコラム

糖質制限ダイエットは痩せるけど危険?!【糖質制限のリスクを紹介】

糖質制限

どうも、ささかまです!

みなさんはどのようなダイエットをおこなっていますか?

ダイエットにはさまざまな種類がありますね!

その中でも糖質制限ダイエットは知っていますか?

最近人気になってきており、某フィットネス大企業のダイエット方法もこの糖質制限ダイエットを採用しています!

この糖質制限ダイエットは一見糖質を制限するだけで痩せるというようなうたい文句で悪徳な商売をする人もいます。

今回はその糖質制限ダイエットのリスクなどを紹介したいと思います。

糖質制限ダイエットは用法を守り、リスクを知っていることで効果を最大限発揮することができるので、糖質制限に興味がある人はぜひ読んでみてください!

この記事の内容

  • 糖質制限ダイエットとは?
  • 糖質制限ダイエットのリスクは?

糖質制限ダイエットとは?

まずはじめに糖質制限ダイエットとは一体どのようなものなのかということを紹介します!

糖質制限ダイエットは名前の通り、糖質を制限することです。

食品のマクロ栄養素である、タンパク質、糖質、脂質の三つが存在しますが、この中で糖質、脂質はエネルギーに使われる機会が少ないということがおこるので、脂肪に変わりやすいと言われています。

その理由はエネルギーに変換されにくいという点が挙げられます。

脂質はエネルギーになるためには多くの時間がかかります。

そのため、身体のエネルギーが不足しているときに十分な脂質が消費されず、余った分は脂肪に変換され蓄えられてしまいます。

糖質も似たようなことが言えます。

糖質は脂質とは違い、エネルギーに変換するスピードが早いため、一見脂肪に変わりにくいと思われがちです。

しかし、糖質は血糖値をあげる働きがあることや多く食べてしまうことから、結果的に脂肪に変わる量が多いくなります。

この糖質を制限することで、血糖値の上昇を抑えることや、カロリーの取りすぎなどを防ぎ、痩せていこうというのが、糖質制限ダイエットです。

糖質制限の王道「ケトジェニックダイエット」

お腹の脂肪をつまむ女性

低糖質でのダイエット方法で最近話題のダイエット方法はケトジェニックダイエットです。

このケトジェニックダイエットはケトン体がキーとなります。

普段人間のエネルギーはブドウ糖が主で、脳のエネルギーはほとんどがブドウ糖です。

このブドウ糖は糖質が主成分となっています。

近年、このブドウ糖ではないエネルギー源が注目されてきました。

それはケトン体です。

このケトン体はたんぱく質と脂質がエネルギー源となります。

そのため、糖質を取らなくても身体の機能が変わらず発揮できると理論的に言えるのです。

これらから、糖質を取らずにケトン体をエネルギーとして脂肪を削るケトジェニックダイエットが有効と判断され広められてきました。

このケトジェニックダイエットを詳しく知りたい方は記事をまとめたので、こちらからどうぞ!

糖質制限ダイエットのリスクとは?

ではこの糖質制限ダイエットのリスクを紹介します!

これは糖質制限ダイエットはよくないというわけではなく、リスクを知ることで効率の良いダイエットができるということをお伝えします!

糖質制限のリスクを言われているのは大きくこの3つです!

  • 低血糖症状
  • タンパク質過剰摂取による腸内環境の悪化
  • リバウンドのリスク

低糖質症状

この糖質制限で糖質を制限します。

これは糖質を制限することで、身体のブドウ糖が減ってしまう人体に影響を及ぼしてしまいます。

症状は主に手足の痙攣や昏睡状態などにひどい場合は陥ってしまいます。

この低血糖の原因は栄養不足と栄養不足中の過度な運動が原因です。

この低血糖になる朝に糖質をとることで防ぐのが良いです!

大会にでないでダイエット目的の人は過度な糖質制限はしないで、体調を崩した場合はすぐに糖質を摂取しましょう!

タンパク質過剰摂取による腸内環境の悪化

タンパク質は代謝される過程で、過剰に摂取してしまうことで、悪玉菌を増やす原因になります。

これは胃の中で消化されたタンパク質が、小腸を通ります。

過剰に摂取することで、小腸が吸収しきれずタンパク質が余ります。

その余ったタンパク質は悪玉菌の餌になることが原因で、腹痛などの障害が起こってしまいます。

その他、タンパク質は窒素に変換されます。この窒素はアンモニアに変わるので体臭がくさくなったりしてしまいます。

また、タンパク質の代謝は腎臓と関係しているため、過剰摂取により、腎臓がうまく機能しないとも言われています。

リバウンドのリスク

先ほども言いましたが、糖質制限やケトジェニックダイエットは糖質を制限することが主なダイエット方法になってきます。

しかし、脳の活動の主成分はブドウ糖です。

これはケトン体で補うことができますがこれは身体の最終手段として、仕方なくケトン体をエネルギーとして使っているということになります。

また、人間は我慢することがストレスになる生き物です。

このような要因が重なり合い、ダイエットが終了した時過剰に糖質を摂取してしまう生活が続きリバウンドしてしまうということがおきます。

これらはやはりメンタルの問題でしか解決できないので、メンタルコントロールが重要になってきます。

まとめ

みなさん低糖質ダイエットのリスクなどはよくわかりましたか?

このリスクを知っているだけでも食事やダイエット方法が変わってきます。

みなさんも知識をしっかりつけてダイエットをしましょう!

ABOUT ME
ささかま
筋トレの知識を学ぶことに明け暮れる新入社員。リア友にアカウントがバレるまでイケメンになることを目指している。 筋トレの知識やサプリについて調べ物をすることが好きです。 トレ歴は約7年の一応ベテランです